アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

業務用自動車を使用する機会の多いビジネスにおいて、欠かせないのが運行管理です。
トラック等の貨物自動車、タクシーやハイヤー等の旅客自動車を運用する業者においては、管理すべき項目や整備すべき記録、配置すべき管理者の人数等が法令によって厳格に定められています。
またそれ以外の業種、たとえば介護・看護などの訪問型サービス業や外回り営業の機会が多い企業等においても、車両の運行状況を適切に管理することが重要であるのは言うまでもありません。
こうした管理は、従来はもっぱら書類上に記録することで行われてきました。
すなわち管理部門にあっては配車計画や実際の運行状況、ドライバーにあっては業務日報等を毎日記録して、それらを業務終了時に点検するというスタイルです。
しかし現在では、管理方法に大きな変化が見られるようになってきています。

革新

運行管理の方法に変化がもたらされたのは、IT技術の進展による効率的な管理システムが開発されたことによるものです。
具体的には、カーナビの導入です。
導入初期は性能上の限界もあってカーナビが管理ツールとして使用されることはなく、もっぱら目的地までの最短ルートを調べることで時間や燃料の節約を実現するといった程度の使い方が主流でした。
しかし性能が向上し、データ収集機能を持つようになってからは状況が変わりました。
ドライバーがただ車を走らせるだけで自動的に運行データを記録することが可能になったため、日報等の作成に係る負担が大幅に軽減されることになりました。
また管理部門もその運行データをホストコンピュータに移すだけで、運行記録を容易に集計管理できるようになったのです。

イノベーションの実現

さらに、技術の進歩はリアルタイム管理をも可能にしました。
通信機能を利用してカーナビから送られてくるデータを集中管理し、運行状況を常に一望できる状態にしておくことができるようになったのです。
これにより、急な行先の変更や事故等のトラブルに迅速に対応したり、速度超過などの危険行為をただちに把握してドライバーに警告を発したりすることが可能になりました。
また、近年ではスマホのGPS機能を利用して類似のシステムを構築する例も見受けられるようになっています。
ドライバーはスマホにアプリをインストールして車両と接続するだけで、管理部門とのデータのやり取りが可能になります。
加えて、目的地まで一定の距離に達した時点で自動的に相手先にメール発信を行うなどの便利な機能も開発されています。

オススメリンク

車のナビゲーションを売る時に役立ちます「カーナビ買取口コミ」

サービス利用

スマホやカーナビで運行管理を行う事ができるサービスは、運行管…Read more

24時間365日

スマホやカーナビで運行管理をし、工夫を行う事で得られる大きな…Read more

関連リンク