節税するなら賃貸法人契約|使用するメリットを理解しよう

男女

会議を予定している方は

会議室

澁谷は企業が密集している地域のため、賃貸スタイルの会議室が数多くあります。インターネットで調べると、充実したサービスを提供している会議室もあるので、それを借りてもいいでしょう。会議室の周辺環境を事前にリサーチしておくのもおすすめです。

Read More...

社員の命を守る重要な要件

男性

建物診断は、分譲や賃貸にかかわらず、人命にかかわる非常に重要なことなので、まだされていないオーナー様には、是非実施してください。そして、より良い条件で建物を賃貸又は売却できるようになります。いつかくる地震に向けて準備を進めていきましょう。

Read More...

不動産業者に相談して

スーツの男女

賃貸法人契約とは簡単に言えば、いわゆる「社宅」として賃貸アパートや賃貸マンションもしくは借家を借りる事をいいます。個人企業などの場合「自宅兼事務所」として活用している事が多いです。賃貸法人契約は実に様々なメリットがあります。社宅を借りる際には通常、不動産屋さんと契約した場合仲介手数料と不動産をお持ちのオーナー様へ支払う礼金や家賃、共益費や更新料が発生します。賃貸法人契約にすると、あくまで個人としてでなく会社として支払う事になるためこれらの費用すべてを「経費」として利用することが出来ます。「経費」にすれば会社の必要費用としてみなされるため節税対策にもつながります。また万が一火災が発生した場合のために火災保険に加入する必要がありますが、この保険も経費として利用する事が出来ます。

賃貸法人契約をして経費としてみなされるにはいくつか注意したいポイントがあります。注意しなければならない事を怠ると経費としてみなすことが出来ないので注意が必要です。「真っ当な会社かどうか」という事です。いかにも怪しい会社であれば不動産屋さんと契約の際許可されなくなります。どういう会社なのか説明できるように話すべき内容を事前に整えておくのが良いでしょう。賃貸物件を借りる際には来客も重要です。来客があまりにも多いと近隣の住民に迷惑をかけてしまいます。不動産屋さんやオーナー様との関係性も踏まえてお部屋を借りる際には注意しておきたいポイントです。お部屋の前に看板を出すのも不動産屋さんが近隣との関係で契約の許可がされないこともあるので注意が必要です。

賃貸の事務所がおすすめ

オフィス

意外と結構費用のかかる新大阪の貸事務所ですが、これは信用度が高いため人気があります。特に取引先が多い企業だと信用度が重要になるため需要があるのです。多くの物件があるので手っ取り早く調べるときは検索サイトで探しましょう。

Read More...