社員の命を守る重要な要件|節税するなら賃貸法人契約|使用するメリットを理解しよう

節税するなら賃貸法人契約|使用するメリットを理解しよう

婦人

社員の命を守る重要な要件

男性

建物診断は、建築基準法や消防法における法規的事項・インフラ設備的事項・構造躯体の耐震的事項の大きな項目に分けられるが、もっとも直近で優先される事項は、耐震診断と耐震補強であります。首都直下地震が叫ばれているなか、優先して確認しておかなければならないです。建物診断は、例えば専門の設計事務所が竣工図面と現地を詳細調査・比較照合して、机上にて構造的な計算を実施します。その結果、国が定める基準を下回れば、建物が地震時に倒壊などの恐れがある等、予想が判ります。基準以下であれば、構造躯体をバランス良く、コストパーフォーマンスを考慮して補強することを推奨します。最近では、テナントさんが入居したまま、補強工事が可能な工法が開発されています。いろいろ検討し、最良の補強工法を選択していきましょう。

耐震診断や耐震補強設計を実施すれば、公的な機関から評定書といわれる「お墨付き」がもらえます。それにより、適切な補強工事がなされた建物であると謳うことが可能となります。このことは、オフィスビルや賃貸マンション・区分所有者からなら分譲マンションでも、新しく入居者や購入者を募集するときに、有効かつ正確な謳い文句としての広告になります。このことは一般的にあまり認知されていないかもしれませんが、重要なことです。一つの目安として、昭和53年の建築基準法の構造規定が大きく法改正されましたので、それ以前の築年数建物で補強がなされていなければ、要注意です。建物診断や建物診断後の補強工事等は、費用が発生し、時間を要し厄介かもしれませんが、建物のオーナー様には、検討していただきたいです。